クレジットカードさえあれば誰でも簡単に現金を作ることができるって本当?

2021年10月26日 投稿者: 道谷 優斗 0

クレジットカードは、買い物にしか使うことができないものというイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、キャッシング枠を使い切ったカードであっても、工夫をすればショッピング枠から現金を作り出すことができます。

クレジットカードを使ってどうやって現金を作るのか、納得できる金額を受け取るためにはどうすれば良いのかなどを、一緒に見ていきましょう。

現金を作る方法

クレジットカードから現金を作り出す方法の一つが、カード払いで購入したアイテムをリサイクル業者などに買取して貰う方法です。
高額査定の対象となるアイテムを選べば、購入代金の60~80%程度の現金を手にすることができるでしょう。

Amazonギフトカードなどを使えば、90%前後の買取率を目指すこともできます。

より手軽に現金化をしたい場合は、専門業者を使うことがおすすめです。

クレジットカード専門業者であれば、一度の申し込み手続きで現金化が完了するため、いくつもの店舗を巡ったりする手間が省けます。

振込までのスピードも速く、急いで現金が必要な場合も、専門業者を頼ることを考えておいて損がありません。

満足度の高い現金化をするためには

クレジットカード現金化で、納得のいく金額を受け取るために重要となるのが、業者選びです。

実店舗を使って現金化を行う場合は、査定に出す前にリサイクルショップや金券ショップの査定額や買取実績を確認しておくことがおすすめです。

専門業者を使って現金化を行う場合は、還元率と手数料の確認をしておくと良いでしょう。

還元率が高い業者を選べば間違いないと考える人もいますが、人寄せのために高い還元率を提示し、実際の手続きでは多くの手数料を差し引く業者というのは珍しくありません。

納得のいく現金化を行いたい場合は、口コミなどを参考に、手数料に関する情報も確認しておく方が良いでしょう。

クレジットカード現金化自体は、難しいものではありません。

リサイクルショップなどを使って自力で現金を作ることもできれば、専門業者を使うという方法もあります。

専門業者を使えば、自宅にいながら素早く現金化ができます。

ただ、業者によっては書かれている還元率通りとはならないことがあるので注意が必要です。

納得のいく現金化を行うためには、業者に関する情報収集に力を入れておくと良いでしょう。